省エネに貢献できる

省エネの観点からもおすすめ

近年、環境保護の観点から省エネなどの技術開発が進み、さまざまな取り組みが行われています。企業だけでなく、個人の生活のなかでも、個々に取り組むことによって、省エネに貢献していくことができます。その中の一つに、窓ガラスコーティングがあげられます。窓ガラスをコーティングすることで、外からの熱を遮熱することができ、夏場などは冷房効率をあげることが可能です。また、冬場はその逆で、室内からの熱が外に逃げていかないように断熱してくれるのです。結露にも抑制効果があり、紫外線などもカットしてくれる優れものです。現在では、さまざまな種類が販売されており、主には、塗布するタイプと貼るタイプに大別されます。それらの種類によって、耐久年数なども異なるため、費用対効果などの観点から選ぶことが大切です。

省エネ以外のコーティングの効果

窓ガラスコーティングは、二重窓に似た効果があるとされています。二重窓を設置するとなると、大がかりな工事が必要となりますが、窓ガラスコーティングであれば、簡単に施工することができます。省エネ効果とは別に、防犯対策にも効果があります。コーティングすることで、強度があがるため、外から窓ガラスを割ろうとしても、割れにくくなるからです。また、ガラスの飛散を防ぐことも可能で、何かをぶつけてしまった時や、地震のときなどにも有効です。コーティングの種類によっては、外から中が見えづらくなるタイプや、デザインが施されたお洒落なタイプも販売されています。自身で施工することも可能ですが、技術を要するため、専門の業者に依頼したほうがスムーズです。